日本口腔インプラント学会専門医による
インプラント治療について

  • TOP
  • 日本口腔インプラント学会専門医によるインプラント治療について

専門医によるインプラント治療

佐賀市神野西の歯医者「緒方歯科クリニック」副院長は、日本口腔インプラント学会会員であり、専門医になります。
日本口腔インプラント学会とは、研究発表や知識の交換、会員同士・各医歯学系学会との連携を取ることで、インプラント治療の発展と向上を目的とする団体です。歯科における会員数は日本最大であり、現在では1万人以上の会員がいるといわれています。
インプラント専門医の資格認定試験は誰でも受けられる訳ではなく、ある一定の条件を満たす必要があります。5年以上会員であることや、研修を受けていることだけでなく、3年以上経過した症例を20症例以上経験していることなど、多くの条件が必要となります。それら条件を満たすことで、筆記試験・面接試験のある認定試験を受けることができ、専門医になることができます。学会全体でも希少性は高く、また、専門医になった後も、技術・知識の向上のため、引き続き学会での研修が義務付けられているのです。
精密かつ高度な治療のご提供を可能にする体制が整っていますので、ご安心ください。

こちらでは、当院のインプラント治療の特徴などをご紹介します。

インプラント治療の流れについて

インプラント治療の流れについて

インプラント治療は、事前に詳細な診査を行った上で綿密な治療計画を立て、開始します。一般的に治療期間は長くかかりますが、治療効果をきちんと得るために、一緒に一つひとつの段階を進めていきましょう。

» インプラント治療の流れについてくわしくはこちら

メリット・デメリットについて

メリット・デメリットについて

インプラント治療は、自然な噛み心地と見た目を回復できるとても優れた治療です。ほかにもたくさんのメリットがありますが、どんな治療でもそうであるようにデメリットもあります。治療を選択する際には、その両方をしっかり理解しておきましょう。

» インプラントのメリット・デメリットについてくわしくはこちら

眠っている間に終わる!“静脈内鎮静法”によるインプラント治療

眠っている間に終わる!“静脈内鎮静法”によるインプラント治療

初めてインプラント治療を受けられる際、不安な方もいらっしゃると思います。

当院ではご希望があれば歯科大学病院より麻酔科の先生を呼んで静脈内鎮静法下でのインプラント治療も行なっております。
静脈内鎮静法とは、腕の静脈に点滴をして鎮静剤を注入する方法になります。点滴をして、数分後にリラックスした状態になり、眠っている間にインプラント治療が可能となります。

手術へのストレスや恐怖心があられる方は担当医へご相談ください。

オプション手術について

オプション手術について

当院では一般的なインプラント治療に加え、次のようなオプション手術も行っています。他院で「骨が足りないため治療できない」といわれた方も、当院ならインプラント治療が可能になるかもしれません。あきらめず、一度ご相談ください。

ソケットプリザベーション

歯を抜くと同時に、骨補填剤を入れることで、抜歯後の骨吸収を防ぎます。
インプラント前だけではなく、ブリッジや義歯の前にも行うことで、より審美的なブリッジや安定する義歯を装着することができます。

GBR

GBR

歯周病の悪化によって失われてしまった顎の骨を造成する治療です。骨が不足している部分に自家骨を移植したり骨補てん材を入れたりして補強し、治療を可能にします。インプラントの埋入前だけでなく、埋入後に行うこともできます。

サイナスリフト

サイナスリフト

上顎の骨が不足している場合に、歯ぐきの側面から上顎の骨の上にある上顎洞(じょうがくどう)という空洞に自家骨や骨補てん材を入れ、骨の厚みを確保します。

ソケットリフト

ソケットリフト

サイナスリフトと同じく、上顎洞に自家骨や骨補てん材を入れ、骨の厚みを確保する治療です。こちらはインプラントを埋め込むための穴から処置を行うため、比較的手術が簡単です。

遊離歯肉結合組織移植術および結合組織移植術

遊離歯肉結合組織移植術および結合組織移植術

インプラントのまわりの歯肉は天然歯のそれよりやや弱いとされています。そこで上顎の内側から採取した厚い歯肉を移植する手術を行い、強度を確保します。

ガイデッドサージェリー

ガイデッドサージェリー

CT画像をもとに、コンピューター上で術前シュミレーションを行うインプラント手術システムです。インプラント手術の際に使用するマウスピース型のガイドを作成し、このガイドに合わせてインプラントの挿入を行うことで、手術の成功率が上がる可能性がある為、安全性の高い正確なインプラント治療が可能となります。

All on 4

総入れ歯の方や、残っている歯が数本である場合に、片顎4本にインプラントを埋入し全ての歯を支えるという術式になります。4本のインプラントをバランスよく埋め入れることで、固定式の人工歯をさせることが可能となり、外科手術でありながら、身体への負担の軽減・費用も抑える事が可能になります。

使用している「ストローマンインプラント」について

使用している「ストローマンインプラント」について

当院ではストローマンインプラントを使用しています。
ストローマンインプラントは世界70か国以上で使用されているインプラントメーカーです。
インプラント治療を成功させるためには、インプラント自体の安全性が高く、長期的に使用できるということが重要になります。
日本国内でも多くのメーカーが使用しており、世界でもトップクラスのシェアを誇るストローマンインプラントを使用することで、患者様に安心して治療を受けていただくことができます。

»ストローマンインプラントについて